顔たるみの原因について

肌の乾燥や皮下脂肪の減少などは、顔のたるみを起こすもとと考えられています。

まだの乾燥は顔のたるみを作ってしまうだけでなく、老化を早めてしまうのです。健康的な肌を維持する為に欠かせないエラスチンやコラーゲンは、繊維芽細胞という皮膚細胞が生産しています。

皮膚が乾燥してしまうと、この繊維芽細胞がうまく活動しなくなってしまいます。

美肌作りに欠かすことのできないエラスチンやコラーゲンは、不足してくると肌にハリを失わせ、顔のたるみを助長することになるのです。

顔のたるみは、顔の皮下脂肪が減少することでも作られてしまうのです。

私たちの体の中には、皮下脂肪組織の働き方が弱くなる部分があるのですが、特にそれが激しいのが目のまわりです。

皮下脂肪組織の働きは年をとるとともに弱くなるので、目元のしわが深くなったり目がくぼんだりして顔のたるみが気になるようになるのはこのためです。

加齢は誰もが避けては通れない事ですが、乾燥への対策は日頃から気をつける事が可能です。
美容用品などを使って顔のたるみを解消しようとしても、肌が乾燥していては、せっかくのコラーゲンもその力を発揮できず、なかなかたるみを取ることはできません。

毎日のお肌のケアで、乾燥を防ぐようにしなければなりません。
お風呂上りに顔にしっかり保湿をし、絶対に肌が乾燥しないように気をつければ、顔のたるみを解消することはきっと可能でしょう。

スキンケア・肌の悩み・対処法