「資格試験、語学」

「資格試験、語学」

 語学分野における資格は数多く存在します。

一般的に広く知られている実用英語検定をはじめ、各語学(フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語など)でそれぞれ資格の検定が設けられています。これらは主に、その語学に関する読み、書き、会話の力を評価する資格といえます。一般就業者よりも、学生の受験が圧倒的に多いようです。

また、ビジネスや就職のうえで有名なものは、TOEICやTOEFLではないでしょうか。
この資格は合格というものがありません。

その点数によって、その人の語学力(英語)を見極めるというものです。

評価も全国、世界共通となります。

ですから、企業なども自分達でこれくらいの点数の人などとラインをつけやすいのです。

また、語学の資格として、国家資格に通訳案内業というものがあります。

これは国土交通省認定の資格で、その名のとおり通訳が仕事となります。

受験資格の定めはありませんが、もちろん筆記試験だけではありません。

他の資格と違って2次で口頭・面接試験、人物試験もありますし、3次で広い地理歴史的知識の試験もあります。なかなか簡単にとれるというような資格ではありません。

語学の資格の幅はとても広いので、自分に合った言語圏のものや、就職等に関係するものを選んでとるのがよいでしょう。